お問い合わせ・ご相談・各種お申込はTEL:0120-214-121
営業時間:平日13時~21時/土日祝日12時~21時 定休日:毎週火曜日・第3水曜日(祝祭日を除く) 大阪府大阪市中央区南船場4-5-19

アクセス

プールを完備しているダイビングスクールに通う際のポイント

ダイビングのマレア大阪心斎橋店 > コラム > プールを完備しているダイビングスクールに通う際のポイント

プールを完備しているダイビングスクールに通う際のポイント

プールが用意されている


ダイビングスクールは昔から人気の習い事です。スクールに通うことによって、ダイビングの技術を教わることができ、最終的には資格を取得することができるでしょう。そんなダイビングスクールですが、さまざまな設備が完備されていて、快適に講習を受けられる環境が用意されているところを選びましょう。ダイビングスクールの中には、自社でプールを完備しているところがあります。このようなスクールならば、ゆっくり練習することができ、気軽に通うことができるでしょう。大型の施設を用意しているところならば、大人数が参加したとしても窮屈さを感じずに講習を受けられます。
スクールでは、泳ぎに自信がないような方でもしっかりと指導をしてくれます。人それぞれ技術をマスターするまでにかかる時間は異なりますが、最後まで責任を持ってサポートしてくれるので安心です。自社の施設を持っているところならば、無料で何度でもプールの講習を受けさせてくれるところもあります。何度も講習を受けることによって、たとえ運動神経には自信がないという方であっても、最終的にはしっかりと潜れるようになる可能性があります。そこでしっかりと慣れてから、実際に海洋講習を受ければ良いのです。そうすれば、海でダイビングに挑戦する際にもスムーズに取り組むことができるでしょう。
これからスクールを選ぶ際には、設備がしっかりと整っているかどうかを確認しておきましょう。また、施設の利用料金や回数などについてもチェックしておくことが大切です。しっかりと指導をしてくれて、自社の施設を有しているサービスならば、とてもメリットが大きいです。いきなり海へ行くのではなくて、そこに至るまでの準備をしっかりとしてくれるところならば、安心して通えるでしょう。初心者に対して優しいサービスを提供してくれるスクールを選ぶことが大切です。また、口コミもチェックして選んでください。

プール講習の内容


これからダイビングスクールでプール講習を受ける際には、どのような内容となっているのか気になる方も多いでしょう。まず、この講習の目的は、実際に海洋実習を受ける前に安全な場所で水に慣れることです。そうすることで、ダイビングに必要となるスキルを身につけることができ、海洋実習をスムーズに受けることができるでしょう。基本的なスキルを習得することはとても大切です。
まずは水中呼吸の仕方を教えてもらうことから始まり、レギュレーターやマスクを確認して圧平衡や水中移動も学んでいきます。そして、ハンドシグナルのことや、浮上の仕方、バックアップ空気源の使い方も教えてもらいます。これらは実際に海に潜る際には必要不可欠なものとなっているので、これらをしっかりと身につけていないと、実際に海に潜ったときに大変なことになってしまいます。
他にも安全管理のためのテクニックを教わります。潜降の仕方やマスクなし呼吸の仕方、BCDを用いて空気の出し入れをするための方法などを教わります。さらに慣れてくると深い場所での練習もします。中性浮力やそのままの状態での泳ぎ方、万が一足がつったときの治し方などを教わります。最終的には、水中内を優雅に泳げるようになることを目指します。そうすれば、実際に海に行ったときにも同じように安全に泳ぐことができるでしょう。
このようにして、基本的なテクニックから安全テクニック、さらには対処テクニクなどを身につけていきます。これらは実際に海でのダイビングを楽しむための予行演習です。このような準備を欠かさずに行うことがとても大切です。

プールの注意点


実際にダイビングスクールでプール講習を受ける前に、注意点について知っておくといいでしょう。まず、しっかりと講習の時間を用意しているスクールを利用するべきです。海に行く前の講習が十分でないととても危険です。このスポーツというのは海の中に潜ることを楽しむものなので、しっかりとテクニックを身につけておくことが何よりも大切です。そのためには、きちんとトレーナーから教えてもらわなければいけません。
例えば、数時間程度で終わることをアピールしているようなところを利用するべきではありません。それよりも、完全にマスターするまでどれだけ時間をかけても大丈夫だと言ってくれるところの方が安心して通うことができるでしょう。技術を身に付ける所要時間というのは決まりはありません。それは個人差があるからです。あまりにも短すぎると、スキルを習得することが難しいことがあります。そのため、しっかりと時間を確保して講習をしてくれるところを利用するべきです。
必要なものについては、すべてレンタルできるところが便利です。基本的に海に行くための予行演習の意味合いがあるため、毎回海に潜るのと同じ格好をすることになります。どのような水着を着るべきなのかは、きちんと質問しておきましょう。そして、質問にしっかりと答えてくれるところを利用しましょう。
講習中に分からないことや不安なことがあれば、遠慮せずに何でも質問をするべきです。一歩間違えば自分の命に関わる問題だからです。海の中に潜ることのリスクをきちんと理解して、真剣な態度で講習に参加するべきでしょう。

次の記事へ

マレア都市型店舗一覧

マレアリゾート店舗一覧

pagetop