お問い合わせ・ご相談・各種お申込はTEL:0120-214-121
営業時間:平日13時~21時/土日祝日12時~21時 定休日:毎週火曜日・第3水曜日(祝祭日を除く) 大阪府大阪市中央区南船場4-5-19

アクセス

ダイビングスクールに通うメリットと選ぶポイント

ダイビングのマレア大阪心斎橋店 > コラム > ダイビングスクールに通うメリットと選ぶポイント

ダイビングスクールに通うメリットと選ぶポイント



ダイビングスクールはライセンス取得の近道



スキューバダイビングは、空気をためたタンクを使って呼吸しながら水中に潜るスポーツです。空気のない特殊な環境の下で行われ、器材に依存することから、自立してダイビングを楽しむためにはライセンスを取得する必要があります。そのライセンスであるCカードの通用範囲は発行団体により異なるため、国内はもちろん海外でもダイビングを楽しみたい場合、世界で広く使われているCカードを取得することが求められます。

Cカードを取得する方法は、主にダイビングスクールに通う方法と、リゾート地で取得する方法の二つに分けることができます。都市部にあるダイビングスクールは、駅近で立地のよい場所にあることが多くなっています。通勤や通学の途中、買い物帰りなどに立ち寄れるので、仕事や勉強をしながら通えます。受講スケジュールを自由に調整できるフリープラン制を採用しているスクールなら、平日が休みの方やシフト制の方も、予定に合わせて受講することが可能です。器材レンタルや補講代無料のダイビングスクールを選べば、追加費用無しで納得の行くまで練習できます。器材をそろえなくても始めることができ、まとまった休みを取る必要がなく、自分のペースで学べるため、ライセンスが取得しやすいことが、ダイビングスクール最大の特徴であり魅力です。

リゾート地でのライセンス取得には、国内、海外のツアーやショップが開催する講習に参加する方法があります。まとまった休みを取る必要があり、交通費や宿泊費もかかりますが、ダイビングスクールに通う場合に比べ、短期間でライセンスを取得できます。取得したライセンスで最初のダイビングを楽しむことも可能です。ただし、海外での講習は言葉の壁があるほか、短期集中のため補講を受けるのが難しいなどのデメリットについても理解しておく必要があります。ライセンス取得の方法は、それぞれのメリットとデメリットを考えて、ライフスタイルに合った方法を選ぶことが大切です。



ダイビングスクールに通うメリットとは



スキューバダイビングに必要な知識と技術を学ぶには、リゾート地で短期間に集中して講習を受ける方法と、都市型ダイビングスクールのコースを受講する方法があります。スクールに通うメリットはいくつかあります。

まず第一に、ライフスタイルに合わせて自分のペースで学べることが挙げられます。駅近や職場、学校の近くにあるスクールを選べば、忙しい方でも通いやすくなります。未経験や初心者など自信のない方も、自分のレベルに合わせてじっくり取り組むことができるでしょう。

さらに、ライセンス取得ツアーだと交通費や宿泊費、食事代などが必要なため、費用が高くなる傾向にありますが、これらの費用が必要のないスクールは、トータルコストを抑えることが可能です。また、海洋実習が日帰りでできるダイビングスクールなら、長期休暇取得の難しい職業や、ペットがいるので家をあけるのが難しい場合でも通えます。宿泊が必要ないことも、スクールの大きなメリットです。

ダイビングスクールは、ライセンス取得後のサポートも充実しています。リゾート地でライセンスを取得したダイバーの中には、その後ダイビングの機会を得られずペーパーダイバーになってしまう人も少なくありません。リゾート地から戻っても、ダイビングスクールに通うことで、スキルアップを目指したり、スクール主催のダイビングツアーに参加したりすることが可能です。レベルとライフスタイルに合わせてリーズナブルに利用できることは、スクールならではのメリットです。



ダイビングスクール選びのポイント



ひと口にダイビングスクールと言っても、立地条件や設備はもちろん、スケジュールの自由度やカリキュラムの内容などはスクールごとに大きく違います。自分に合ったダイビングスクールを選ぶことが大切です。最初に取得できるCカードの種類を確認する必要があります。この時に重要なのが世界的に通用するライセンスを取得できるスクールを選ぶことです。

ダイビングスクールの費用に関しては通常、講習費のほか器材のレンタル料金や受験費用、カード発行費用などが含まれています。格安の料金をうたうスクールの中には、これらの費用が別料金になっているケースがあり、結果的に高くついてしまうこともあるため注意が必要です。費用に含まれる範囲については必ず確認しておくことがポイントになります。スクールの通いやすさに関しては、立地条件だけでなく、スケジューリングにも左右されます。自宅や職場の近くなど通いやすい場所にあるのはもちろん、フリープランなど自由度の高いスクールを選ぶのがおすすめです。

そして、Cカードの発行実績やインストラクターの経験など、スクールの質はスクール選びの最大のポイントです。スクールの実績については、公式ホームページなどで必ず確認しておく必要があります。候補のスクールが決まったら、実際に足を運んで設備や雰囲気などを見ておくことも大切です。

次の記事へ

マレア都市型店舗一覧

マレアリゾート店舗一覧

pagetop