お問い合わせ・ご相談・各種お申込はTEL:0120-214-121
営業時間:平日13時~21時/土日祝日12時~21時 定休日:毎週火曜日・第3水曜日(祝祭日を除く) 大阪府大阪市中央区南船場4-5-19

アクセス

ダイビングインストラクターについて

ダイビングのマレア大阪心斎橋店 > コラム > ダイビングインストラクターについて

ダイビングインストラクターについて

ダイビングインストラクターとは


ダイビングのライセンスを取得しようとしている人たちにノウハウを教えるのがダイビングインストラクターの主なお仕事です。他にも、海の中で安全を管理する方法について教えたり、ガイドのお仕事をしたりすることもあります。ガイドのお仕事は既にライセンスを持っている人たちへの付き添いという形になりますから、指導とは少し異なります。また、ライセンスを取得するかどうかは決めていないけれど、ダイビングを体験してみたいという人に付き添うこともあります。
ダイビングのライセンスはいくつか段階があり、各レベルに合わせて案内をします。また、仕事場にもよりますが、教えるのに必要な機材の整備や点検を行うことも仕事の一つです。ダイビングショップに勤める場合であれば、顧客の送迎やダイビング用品の販売を担当することも少なくありません。ダイビングインストラクターのお仕事は、こうした陸上の業務が6割を占めるとさえ言われます。ダイビングやそれに関する指導だけをするわけではありません。
ダイビングインストラクターは多くがショップあるいはダイビングスクールに勤めることになります。ショップにはダイビングスポットに近い現地型、スポットから遠い都市型などがあります。正社員の常勤スタッフもいますが、非常勤の人もいますし、副業として期間を決めて働く人もいます。海に出る機会が多いこともあって肉体への負担も大きいお仕事ですが、その分楽しさや、やりがいもたくさんあります。

ダイビングインストラクターのやりがい


ダイビングインストラクターをするにあたって、得られるやりがいはたくさんあります。まず挙げられるのが相手の喜ぶ顔が見られることです。これまでできなかったことが指導によってできるようになった時の表情であったり、海中の世界の美しさに感動した笑顔だったりといったものを間近で感じることができます。ダイビングは自分で体験するものですし、日常生活ではなかなか得難い経験もあるため、素直な感情をダイレクトに知ることができるでしょう。
次に、仕事における裁量が大きいことが挙げられます。海に入ると決断は自分に委ねられます。他の人を誘導する必要がありますし、判断によっては重大な事故を起こすことも考えられるので、責任のある立場となります。あらゆる状況で自由に判断を任される仕事であることはやりがいに繋がります。また、自由は仕事の中だけでなく、外側にもあります。世界の約70パーセントは海ですから、ダイビングできるスポットは世界中にあります。広い世界でも仕事ができるという自信も、自分を高めてくれるでしょう。
自然と関わり、好きなことを仕事にできる点もやりがいに数えられます。ダイビングインストラクターになりたいという人は基本的にダイビングが好きな人が多く、そして、自然や海が好きな人がたくさんいます。その良さを感じながら仕事ができるということと、いいところを周りに広められることは、仕事のモチベーションを高めてくれるでしょう。

ダイビングインストラクターの適正


ダイビングインストラクターとして適正があるのは、まずダイビングと海が好きな人です。好きでない人はあまり目指さない職業なので、これは前提でもあるでしょう。ダイビングと海が好きであるという条件が満たされているのなら、次に大切なのは指導することに喜びや、やりがいを感じられることです。教えた人の成長を一緒に喜び、笑顔を見て自分も嬉しくなれる人は向いています。また、強制的に学ばせるという姿勢ではなく、あくまでも生徒がお客様であるという視点で、楽しいレッスンができることも重要になります。人あたりがいいこと、コミュニケーションスキルが優れていることは有利に働きます。ショップで販売の仕事をするのであればなおさら役に立つ能力です。
集中力が持続するというスキルも必要です。ダイビングは刻一刻と変化する自然を相手にするものですし、時に危険を伴うものです。指導やガイドをするのであれば、相手に危険が及ばないように安全管理を業務時間中ずっと行わなければなりません。集中力を持ち続けるために、体力や気力も大切になります。大きな事故につながる前に危険を予測する力や、慎重さも必要とされる能力です。
自己管理能力が高い人も適正があると言えます。ダイビングインストラクターのお仕事は、特に初めのうちは健康管理や体調管理が重要になります。もちろん仕事内容にもよりますが、仕事をする中では三食食べられないこともありますし、睡眠時間が削られるケースも出てくる可能性があります。その上で直射日光を浴びながら海に潜るという状況も考えられます。ショップの店員をするなら特に繁忙期があるお仕事ですから、休みがあまりとれないという期間も出てきがちです。逆に閑散期にたくさんお休みができて思わず体力を落としてしまうということもあり得ます。そういった中でも自分自身で体調や精神面を管理できる能力はとても役に立つでしょう。

次の記事へ

マレア都市型店舗一覧

マレアリゾート店舗一覧

pagetop