お問い合わせ・ご相談・各種お申込はTEL:0120-214-121
営業時間:平日13時~21時/土日祝日12時~21時 定休日:毎週火曜日・第3水曜日(祝祭日を除く) 大阪府大阪市中央区南船場4-5-19

アクセス

ダイビングの基礎知識とおすすめスポット

ダイビングのマレア大阪心斎橋店 > コラム > ダイビングの基礎知識とおすすめスポット

ダイビングの基礎知識とおすすめスポット

ライセンスの意味とCカードの取得方法


ダイビングに興味があっても、身近にダイバーがいていろいろと話を聞ける人はあまりいないでしょう。基本的なことなどを自分で調べても、具体的に何をすればいいかわからない初心者のために、これだけは押さえておきたいという基礎知識をお話しします。
ダイビングにはライセンスが必要とよく耳にしますが、厳密に言えば正確ではありません。ダイビングライセンスは法律で定められた免許ではないため、取得していなくてもダイビングをすること自体は可能です。しかし、講習を受けず、何の知識もスキルもないままで海に潜るのは非常に危険です。知識を身につけて安全に楽しむために、ライセンスを取得することは大切です。
ダイビングのライセンスはCカードと呼ばれ、取得する方法は大きく二つあります。一つは、近所のショップやスクールに通って取得する方法です。もう一つは、伊豆や沖縄など現地で取得する方法です。現地でライセンスを取得する場合は、短期間で集中して講習を受けるようになります。イメージとしては車の免許取得に似ています。講習の流れも似ていて、よくあるパターンとしては、学科の勉強と並行してプールを利用した実技講習がある形です。これらの講習を経て、実際に海の中での講習が終わればCカードを取得できます。ショップやスクールによって違いはありますが大体の講習所がこのような流れです。
注意点として、講習の目的はCカードを取得するだけではなく、講習を通じて知識とスキルを身につけることが重要だということを認識しておきましょう。いい加減に講習を受けて運よくCカードを取れたとしても、実際に有効に活用できなければ意味がありません。安全で楽しいダイビングをするためにも、講習の意義をきちんと把握することは大切です。

ショップやスクールを選ぶときのポイントとは


ダイビングにおいてカードの取得は言うに及ばず、ダイビングライフを楽しく続けていくためには、自分に合ったショップやスクールを見つけることができるかどうかが非常に重要です。
どの業界でも言えることですが、人によって合う合わないがあります。大勢で賑やかな環境を求める人もいれば、逆に少人数でアットホームな雰囲気を好む人もいます。講習を受ける際に関わりを持つことになるインストラクターにしても、明るく元気な人から落ち着いた人まで十人十色です。そのため、最終的には自身で実際に足を運び、自分の目で確かめることが重要です。
もちろん、その前にショップやスクールのサイトを確認したり、インターネットでのクチコミを確認したりして、必要な情報を収集するのも大切です。特に、初心者の不安をなくすように誠実で丁寧な対応ができているかということは、選択の基準になるポイントでもあります。気になるショップやスクールがあれば問い合わせをしてみましょう。場合によっては無料説明会を開催していることもあるため、積極的に参加することで雰囲気がつかめます。
また、場所や取得する季節によってもそれぞれメリットやスクールの特徴が異なります。ショップやスクールはCカード取得を含めてお世話になる存在ですから、時間をかけても構いませんのでじっくりと選びましょう。

沖縄や海外まで行かなくても近場で楽しめる


初心者のよくある誤解に、ダイビングは沖縄や南の島まで行かないとできないというものがあります。国内では沖縄、海外だとパラオやサイパンは人気ですが、日帰りできるスポットは日本各地にあります。確かに、南の島のほうが水の透明度は高く、水温が高いのは否めません。しかし、近場の海でも、四季折々の雰囲気を楽しむことができます。北海道から九州は気候区分が温帯に属し、沖縄やサイパンなどの亜熱帯に比べて季節による変化が大きく、潜る時期によってさまざまな表情を見せてくれます。
特におすすめできる国内のスポットを紹介していきます。首都圏からだと伊豆半島や三浦半島、関西だと紀伊半島などは非常に人気です。伊豆諸島のひとつ式根島は、海の中に温泉がわいていて、海なのに温泉気分に浸れるというユニークな場所です。静岡の大瀬崎はマンボウを見られることで有名です。神奈川の城ヶ島は、ウミウシやカエルアンコウなど珍しい生き物を見ることができます。透明度は冬に最も高くなり、コンディションがよければ30メートル先の視界が臨める場合もあります。東京の小笠原諸島は国内有数の透明度を誇り、冬から春にはザトウクジラ、夏から秋はマッコウクジラを見ることができます。高知の柏島には1,000種類とも言われるありとあらゆる生き物が集結しており、海の生き物たちと触れ合うのが好きなダイバーにはうってつけのスポットです。
これらのスポットは、週末などにちょっとした遠出感覚で行けるのもメリットです。沖縄や海外まで行こうとすると、社会人や学生だと長い連休が必要となりそうそう簡単には通えません。しかし、近場であればそのようなハードルの高さはなく気軽に通えます。せっかくダイビングを始めたのであれば、近場のスポットも活用することで十分に楽しめるので、積極的に機会を増やしましょう。

次の記事へ

マレア都市型店舗一覧

マレアリゾート店舗一覧

pagetop