お問い合わせ・ご相談・各種お申込はTEL:0120-214-121
営業時間:平日13時~21時/土日祝日12時~21時 定休日:毎週火曜日・第3水曜日(祝祭日を除く) 大阪府大阪市中央区南船場4-5-19

アクセス

ダイビングの免許を取るために

ダイビングのマレア大阪心斎橋店 > コラム > ダイビングの免許を取るために

ダイビングの免許を取るために

ダイビングの免許


ダイビングを行うための免許はCカードという技能認定証が必要です。CertificationCardの略で、体験や一部の国を除いて、ほとんどの国でCカードを持っていないと潜ることができません。この技能認定証は、安全に潜れる技術と環境への知識を持ち合わせている証しとなります。ランクが決められており、ランクによってできることが制限されています。
オープンウォーターダイバーという資格はOWDと呼ばれ、2人以上のダイバーと一緒に潜ることと自分の潜った経験がある範囲内と決まっていますが18mの深さまで潜ることができます。18mを超える深さの場所や初めての場所に潜るためには、AOWと呼ばれるアドバンスドオープンウォーターという資格が必要です。海外や国内の有名なスポットで潜るには、AOWが必須と決められている場合が多いです。
このほかに、SPと呼ばれるスペシャルティダイバーという資格があります。ディープダイバーSPは、ダイバーの中で限界とされている水深40mまで潜ることができます。深い場所でしか楽しむことができない海中の景色を楽しむことができます。ボートダイバーSPは、伊豆などで多く行われているボートでのダイビング資格です。ドリフトダイバーSPは、潮の流れに合わせて潜るドリフトダイビングと呼ばれる特殊な潜りかたのSPです。ボートダイバーSPやドリフトダイバーSPは、必ず持っていないといけないという決まりではありませんが技術を高め自信をつけることで安全に潜ることができます。
近年、エンリッチド・エアという特殊なダイビング専用の空気を使用するダイビング方法があり、資格を取得しないと使用することができないダイビングのひとつです。それぞれ免許を取る為に日数も必要になりますが、取得していないまま潜ってしまうと法を犯してしまう国などもあるため注意が必要です。
また、プロを目指す方向けのコースやREDと呼ばれるレスキューダイバーという資格もあります。応用知識や応用技術、資格取得の条件などもありますが、上を目指す方には人気があります。しっかりと身に着けることで、たくさんの体験が可能となります。

ダイビングの免許取得にかかる日数


ダイビングの免許を取得するには、専門のダイビングスクールに通うことが必要です。スクールや免許によってさまざまなコースが用意されていますが、スタンダードな初心者用OWDの取得で最短4日ほどの日数が一般的です。
OWDのCカードを取得後取ることができるAOWは、最短3日間ほどで取得できます。
その他、特殊な資格などに関しては最短1日で取得できる免許もあります。日帰りで行えるものや泊まりがけで行うものなどたくさんの種類があるため、旅行などで資格が必要な場合などは計画的に通うことがおすすめです。
また、ゆっくり日数をかけて取得するコースなどもあります。元々のレベルや受講する方の上達スピードに合ったコースを選ぶことが大切です。連続で通って短期間で取ることや、自分の通える時間を有効に利用して取ることもできます。水の中での実習も多いため体調管理をしっかりと行い、自分に合った方法を選ぶことが大切です。
15歳未満の子供も11歳以上からOWDの資格は取ることができますが、対応している場合としていない場合があるため注意が必要です。免許を取得してから期間があいてしまい不安がある場合も、専用のコースが用意されている場合もあります。命に関わることのため不安を解消した上でダイビングを行うことがおすすめです。

ダイビングの免許取得に必要なもの


ダイビングの免許を取得するためには、ドライスーツやウエットスーツ、フィンと呼ばれる足ひれやマスク・シュノーケルなどたくさんのダイビング道具が必要です。ダイビングスクールでは道具など必要なものをレンタルできる場合が多いです。自分の道具が欲しいと思う方も多いですが、国外でも国内でもダイビングスポットでは道具をレンタルしてくれる場所が多いので、上達するまではレンタル品でも十分です。潜ることにも慣れ、道具の知識も身についてから購入すると良いでしょう。遠くへ行って行う場合は特に荷物が多くなってしまうので、すべてレンタルすることがおすすめです。小柄や大柄などの場合は、サイズ展開などが不十分な場合もあるため注意が必要です。
スクールの講師は男女ともに数名が行っていることが多く、女性を選ぶこともできます。同じスクールが地区によって何か所もある場合も多いため、近い場所や通いやすいところを選ぶことも大切です。
また、ダイビングスクールでツアーを組んでくれる場合もあり、免許を取得したばかりの方は不安も少なくダイビングを行えるためツアーへの参加もおすすめです。
ダイビングスクールでは専用のプールが備えられている場所が多いです。海で実際に潜る前に練習をプールでしっかりと行うことができるため、施設の情報に関して細かくチェックすることも大切です。

次の記事へ

マレア都市型店舗一覧

マレアリゾート店舗一覧

pagetop