お問い合わせ・ご相談・各種お申込はTEL:0120-214-121
営業時間:平日13時~21時/土日祝日12時~21時 定休日:毎週火曜日・第3水曜日(祝祭日を除く) 大阪府大阪市中央区南船場4-5-19

アクセス

まったく泳げない人も楽しめるダイビング

ダイビングのマレア大阪心斎橋店 > コラム > まったく泳げない人も楽しめるダイビング

まったく泳げない人も楽しめるダイビング



泳げない人がハマるダイビング



泳げないとダイビングはできないのではないかと思っている方も多くいますが、ダイビングは水泳と根本的に異なるので、特に問題はありません。泳ぎが苦手で今まで海に入ったことのない方が、ダイビングは泳げなくてもできると聞いてチャレンジすることはよくあります。海中の美しく感動的な世界を、泳げなくてもたっぷりダイビングで楽しむことができます。

泳げない、泳ぎが苦手という方がこれまでマリンスポーツに疎遠だった分、水中ダイビングの楽しさに目覚め、海の世界のとりこになって何度も体験するといったケースはよくあります。泳げない方が一番不安に感じるのは水中での呼吸で、息継ぎの仕方やタイミングが分からないという方もいるでしょう。ダイビングではレギュレーターという呼吸器を使用するので、水中でも自由に呼吸をすることができ、不安はありません。また、身体が水に浮かない方もダイビングの器材自体がすべて浮くように設計されているので安心です。

さらにウエットスーツそのものが浮輪のような働きをするので、ウエットスーツを着用するだけで、水面に浮くことができます。実際に水中に潜るときは、何キロもの重りを着けなければ潜れないほどです。浮力を調整するジャケットもあるので、緊急時はジャケットの浮力で浮いたままでいられるように安全が保たれています。このように器材によるフォローもあるので、泳げない方でも問題なくダイビングが楽しめます。実際、ダイバー経験が豊富で何度も水中に潜っているのに、普段は全然泳げないという方もいます。



インストラクターがケアする体験ダイビング



ライセンス講習を受けるのなら、まったく泳げないと厳しいですが、体験ダイビングであればまったく問題はありません。インストラクターが徹底的に参加者をケアし、サポートをするため、泳げなくても楽しむことができます。息継ぎはレギュレーターで自由に呼吸できますし、ゆっくり落ち着いて呼吸すれば、苦しくなることはありません。もしスムーズに呼吸ができないときは、近くでインストラクターが様子を見ていてくれるので、うまくできないことをアピールすればすぐに対応してくれます。

泳げない方はよく、キックしても前に進まず沈んでしまう、身体が浮かない、ということがあります。ダイビング自体水中に潜るスポーツで、海底付近で魚が泳ぐ様子を見たりするものなので、沈んでも大丈夫です。浮くことが必要な場合でも、インストラクターがフォローしてくれるので心配はありません。泳ぎよりも重要なのは耳抜きで、それがうまくできないと沈むことができません。耳抜きのコツも事前にインストラクターが教えてくれます。また、バディシステムと言って、2人一組で互いに安全を確認し合う方法があります。

バディ同士が2人一組で泳ぐ力が平均的になるよう組み合わせるので、泳げない方同士が組むことはありません。泳ぎに不安がある方はスキルが高い方と組むので、万が一水中でトラブルが起きても、バディがフォローし、インストラクターがケアするというシステムになっています。ショップやチームのスキルが高いほど、ケアやサポート力は強くなります。身体に付ける器材が重そうなイメージがあるため、体力がないと無理だろうと考える方もいますが、水中に潜れば重さは感じず、足腰に負担がかかることはないので、体力がなくても心配ありません。



指示を守るタイプのダイバーが一番



かえって泳ぎに自信があるダイビング初心者の方が、むちゃをしてしまうリスクがあります。特に水泳を長くやっていた経験があるダイバー初心者は要注意です。泳ぎに自信がある分、インストラクターの注意を聞かず、思わぬ事故に遭ってしまうケースがあります。岩の間の少し流れの速いところを泳いでいる途中で、急に浮上しようとして岩に頭をぶつけてしまうといったことも考えられます。インストラクターの指示に従っていれば、深さにも注意しますし、急に浮上したりすることはありません。

泳げない方の方がインストラクターの指示や注意を聞き漏らさず、しっかり守るため、危険な目に遭うリスクが少なく、周囲からもしっかりサポートしてもらえます。そして知らず知らずのうちにスキルが上がり、上達していきます。

ダイビング中の事故で最も多いのは、行方不明となるロストです。インストラクターは進路に沿って泳いでいるだけでなく、水中に漂う浮遊物の動きも確認し、水の流れも同時にチェックしています。インストラクターの指示から数メートル越えたために、潮の速い流れに飲み込まれ、遠い距離まで流されてしまうケースがあります。水泳の経験があり、自分の泳ぎに自信があるダイバー初心者は陥りがちです。泳げない方は不安があるため、インストラクターの指示や注意をよく聞いて、決してむちゃな行動を取ることはありません。泳げないからこそ、自分の身を守るためにインストラクターの指示は必ず守ることを心がけてください。これは水中で思わぬ事故に遭わないために、一番重要なことです。

次の記事へ

マレア都市型店舗一覧

マレアリゾート店舗一覧

pagetop